FC2ブログ
 

あるような、ないような。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月5日

ふうわり、ふうわりと流れていくものが、

もしかしたら好きなのかもしれない。



保坂和志の「明け方の猫」も、

浅野いにおの「素晴らしい世界」も、

ミシェル・ゴンドリーに観られるあの世界観も。







わたしには、突発的に、

こころが、真っ黒なインクで染められて、

一生懸命、拭いても拭いても拭いても、

黒は広がっていくばかりで、

元々持っていた自分の色を忘れてしまう、

そんな面倒臭い状況に陥ってしまう時がある。



それでも、わたしの存在を、

全肯定してくれる存在のうれしさを知っているから、

どんなに辛い時にでも優しくありたいと思うのだけど。



なかなかうまくいかなくて、

少年を振り回してしまってるのに。



いつも少年は、わたしの手を離さない。









世界の終わりが近づくような、

なんかどうしようもない虚無感が、

たまに僕を追いかけてくる時があって。



そいつに追いつかれた時は、

もう本当にどうでもいいやって思って、

仕事も、友達も、文学も、音楽も、映画も、

全然面白くないし、

全然響いてこなくて。



そこから抜け出す方法っていうのを、

勿論探しているのだけど、

本当にたまにやって来て、

もがき苦しむ辛さだけを残して、

気が付けば去っていって。



そしてまた、忘れた頃に、

そいつは追いかけてきて。



はっきり言って、

そいつへの撃退法なんかなくて、

生きている限り取り憑かれているそいつと、

一生戦っていくしかなくて。



だから、

一緒に戦ってくれる相手を見つける為に、

僕達は生きているのかもしれない。





仕事も、友達も、文学も、音楽も、映画も、

勿論楽しいけど。





やっぱり君といる時が一番楽しい。









ふうわり、ふうわりと、

世界が流れるように、

こどもに一つの物語を丁寧に説くように、

そう話す君のリズムが、

もしかしたら一番好きなのかもしれない。



確かなものなんて、

あるようでない二人だから、

本当は、不安で不安で仕様がなくて、

その不安にわたしは掻き消されてしまいそうになるけど、



繋がっていることの、

意味や、理由を、

常に生産していくことなんて、

本当はどうでもいいことで、



理屈に縛られてしまうなんて、

ものすごく馬鹿らしいことで。





だから、

自分の感情を信じるままに、

如何なる状況にも流されないように、

しっかりと君の手を、繋いでいようと思った。



(再録)



* * * * *


6月5日、わたしたちは入籍しました。










スポンサーサイト

懲りず君に届ける

彼のことが大好きで大好きで、

好き過ぎてどうしようもなくて。

本当にどうしていいかが分からなくなって、

結果的に、自分が大嫌いになる。


変なの。


ほんと、変なの。



いない いない いない


そういえば、わたしはブログを持っていたんだっけ。



最近は専ら、ミクシィに、日記を認めていたから、


ここのこと、すっかり忘れていた。




 

手のひらに残る君


 5年前の今日、

わたし達は雨の中、初めて手を繋いで走った。





5年後の今日、

わたし達は、どんな形になっているのだろう。

今と変わらず、一緒にいられたらいい。





それだけのこと、それ以上のこと。



 


今日の一曲 心空/ハナレグミ


 


 


今年に入ってよく風邪をひく。



金曜日、仕事中に異変を感じ、


定時で終わらせた後すぐ様病院へ。



「38度も熱が出ると、


 全身の関節という関節が痛くなるものなのね。」



悠長に事象を認識へと運ぶ必要などないのだけれど、


こういう時だからこそなのか、


余計なほど、状況を客観視出来てしまうのが、


少しおもしろい。



処方して頂いた7種類の錠剤とトローチとイソジン。


このおかげか、今はもう熱は下がり、


こうしてパソコンを開いているわけだ。



家中をふらふら彷徨う風邪菌達、


今度は少年を侵そうとしている。



ごめんよ、少年。



 


今日の一曲 Tattooあり/Number Girl


 

明日は晴れ

転職活動は無事に済んだのだが、


6月まで、なにかと落ち着かない日々が続きそうだ。


 

何もない一日

今日から4連休の始まりだというのに、


惜しげもなく睡眠に時間を割いてしまった。


残りの3日間も、ぐーたら過ごしてしまいそうで、少し怖い。



会社を、


5月の中旬で辞めることにした。



不謹慎ながらも、清清しい気持ちである。




今日の一曲 ハナレバナレ/キセル

ゆれる電車

行きは進行方向左側、帰りは進行方向右側を、


わたしはいつも向いている。



つまりわたしは、行きの進行方向右側、

帰りの進行方向左側の景色を知らないのだ。



昨日の帰りはあれよあれよと人に流されて、

気付くとわたしは、進行方向左側を向いていた。




目に入ってきたのは、夜の東京タワー。


ひたむきに、闇へ光を放つ様があまりに美しくて、


 


毎日が少し切なくなってしまった。


 


今日の一曲 "telephone"/Spangle call Lilli line



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。